在籍確認なしキャッシングはどこ?職場電話なしの消費者金融

 
在籍確認なしのキャッシングはどこ?
職場への電話連絡なしで借りれる消費者金融をご紹介!

↓電話による在籍確認なし↓
p
↑書類のみでキャッシング↑

在籍確認の審査必ず行われますが、電話以外の方法で在籍確認も可能です!
電話なしにするかわりに、追加で別途、社員証などのカンタンな書類を送信するだけでOK!
キャッシングしたいけど、会社への電話連絡が不安な方にはぜひおすすめ!
在籍確認の電話なしでキャッシングするには?

@上記のWEBプロミスの公式サイトから借入審査申し込みを完了させておくと審査が早い。

 

A申し込み完了後しばらくするとプロミスから携帯電話へ連絡がきたら、そのときに勤務先への電話連絡なしにしてほしいと希望を伝える。

 

Bプロミスから提案された書類を用意し、送信するだけ。

 

たったこれだけの行程となります。

用意する書類ってどんなもの?

会社員や公務員で、社員証をお持ちなら、社員証か保険証などでOK!
派遣、アルバイト、自営業、パート、その他で、社員証などが無い場合は、給与明細か収入証明書などでOK!

どうやって送信するの?

書類を写メし、プロミス公式サイトに画像をアップロードするか、メール添付して送信。
日にちがかかってもいい場合は郵送でも可能ですが、その場合は即日融資は無理ですから、ネットを利用して申込みましょう。

在籍確認の電話ってどんな内容なの?

職場へ電話をする際、担当者の個人の名前でかけるので、消費者金融であることは一切バレません!
ですが、それでも電話を回避したい場合は、申し込み後の携帯電話への本人確認の際に、在籍確認なしでキャッシングしたい旨を担当者に伝えると更に安心でしょう。

 

ちなみに健康保険証は審査では単体では証明書類としては有効ではありません。顔写真のある運転免許証やパスポートが必要になります。しかしこれらを所有していない場合は健康保険証と、住民票などもう1点追加して提示が必要です。

 

〜会社へ電話での在籍確認なしキャッシングについて〜

 
在籍確認なしの消費者金融キャッシング会社はないのかな・・とお困りの方。
通常消費者金融会社はどこの会社も必ず在籍確認は行われます。ほとんどの場合は職場に消費者金融会社が直接電話をかけ、在籍確認を行います。

しかしご安心ください。
在籍確認の審査なしの消費者金融はほぼありませんが、在籍確認の電話なしで他の在籍確認方法で行ってくれる会社はあります。
すべての会社ではありませんが大手消費者金融会社で言えばアコムとプロミスであればそれが可能です。

キャッシングの申し込みを行う際、事情や会社の電話状況などでどうしても電話による在籍確認を回避したい場合はインターネットで申し込みを行うときに備考欄に「在籍確認電話NG」と記載して申し込みます。

 

その後に担当オペレーターから本人の携帯に意思確認の電話がありますからその時に事情を説明すれば代替案である書類提出による方法を教えてもらえます。

 

会社に在籍しているとわかる収入証明書や健康保険証、社員証などを写メで消費者金融会社に送るだけなので簡単です。この方法であれば誰にもばれることなくキャッシング・カードローンが申し込め、利用できます。

 

さらに、新規申し込みですとこの2つの会社は30日間の無利息期間が付くサービスがあります。初めての方で、まずは少額借りてみようという方にはオススメです。

申込みの際に入力した勤務先の情報に誤りがないかを確かめるために行われる審査が「在籍確認」になりますが、ほとんどの場合は直接の連絡で確かめることになります。様々な職場の事情があるのは消費者金融側も理解しているので、しっかりとした理由を伝えることで配慮してくれます。ただ、無職だったり、会社を辞めたばかりなどで、職場に在籍していないのにも関わらず消費者金融に申込みたいと考える人も少なからずいるようなので、そういう虚偽の申請を通さないためにもやはり職場に直接連絡という方法が主流なんです。

 

キャッシング、よくある質問

 
勤務先にかかってくる確認の電話では何を聞かれますか?

お答えします。お客様からいただいた勤務先の情報に間違いがないかを確かめるために、在籍確認の審査を行います。電話で行うのは、在籍しているかどうかだけですので、対応してくれた勤務先の方に、「年収」や「勤続年数」、または「勤務態度」や「社内の評判」などの、お客様の情報を聞き出したりすることは決してありません。電話をかける際は、消費者金融名を名乗ることはなく、担当者の個人名でかけます。そして、ただ、呼び出しをお願いするだけです。お客様本人がいた場合は繋いでいただき、不在の場合でもそこで審査は完了です。どちらも在籍の確認が取れたということで審査に通ったことになります。

職場への在籍確認は確実に電話なしにできますか?

確実になしにする方法はありません。なぜなら、他の審査内容によって、または過去の利用履歴によっては直接連絡での在籍確認が必要になるかもしれないからです。また在籍を証明できる書類が揃わない場合も電話は必要になるかもしれません。基本的には勤務先にかかってくるとしても消費者金融を名乗ることはありません。オペレーターの個人名でかけてくることになりますので、心配してないで良いかと思われます。

職場にかかってくる電話連絡ってすぐに消費者金融からだとバレない?

在籍確認の審査では勤務先に電話をかけることでその会社で働いていることを確かめる審査になりますが、消費者金融を名乗って電話をかけることはありません。担当オペレーターの個人名を名乗ってかけますので安心です。申込みをされたお客様のプライバシーが第三者に漏れないように配慮して行われるのが在籍確認の審査ですので問題ありません。

キャッシングってもっと審査が簡単だと聞いたんだけど?

消費者金融のキャッシングといっても、審査はきちんと行われます。審査の基準として重要視しているのはお客様の返済能力です。毎月の安定した収入があることを前提に、収入に見合った額の融資を行うことになります。これは法律でも決まっています。収入を確認するために、勤務先に間違いがないかを確かめる必要があるんです。そのために「在籍確認」の審査はしっかりと行われます。

在籍確認の電話、言い訳って用意しておいたほうがバレないでしょうか?

書類で在籍確認をするのであれば言い訳などを考える必要もありませんが、やむをえず電話で行う場合に、職場の同僚の方に怪しまれないように言い訳を考えておく人は多いようです。言い訳としてよく使われるものとして、銀行カードローンの審査であるとか、住宅ローン、教育ローン、車のローン、クレジットカード発行の審査などがあるようです。

在籍確認なしで即日融資って土日などの休日だと無理?

プロミスなどであれば土日などの週末や大型連休などであっても在籍確認の電話なしで即日融資をすることが可能です。その場合はやはり上記にも記載したように職場がわかるような書類を用意しておくことが必須です。しかし5万くらいまでの低額であれば在籍確認を行わずに簡易的な審査のみで即日融資ができるケースもあります。

派遣やバイトで収入が低い人でも借り入れ審査に通る?

はい、収入があれば問題なく借りることができます。ただし年収の三分の一まで、総量規制枠内となります。例えば、年収が300万の方であれば100万までは借りれるのですが、既に他社などで借金がある場合はその分も加算されますので要注意です。

 

一体、なぜキャッシングする際、職場に電話が来るのでしょうか?

上記にも記載してますように、カードローンなどのキャッシングサービスを利用する場合、ほぼ必ず職場に在籍確認の電話があります。
これは、カードローンなどのキャッシングサービスが無担保ローンであり、その返済原資が職場で働くことによる給与収入だけだからです。

職場で働いていることを確認することは、キャッシングの審査では必須条件です。クレジットカードのキャッングサービスでは限度額が少ないこともあり、在籍確認の電話を省略していることもありますが、基本的に無担保融資では在籍確認の電話は必須です。

 

職場で働かない限り給与収入が得られないため、返済担保の確実性を確認する手段として必要なのですが、どうして他の方法を使わないのかと疑問に思う人も多いでしょう。

 

最近は提出不要としていることが多いのですが、以前は源泉徴収票を提出することが必須でした。源泉徴収票には職場名が書いてあるため、これを提出すれば働いていることがわかるのではないかと言うわけです。

 

しかし、源泉徴収票は前年度の証明書に過ぎません。年末に退職しても務めていた会社から郵送されてきますから、職場に働いている証明書としては効果がありません。そのため、職場に電話をする在籍確認の方法が必要になるわけです。

 

ただし、消費者金融なども在籍確認の電話を職場にすることで利用者が迷惑をこうむらないように、担当者の個人名で電話をするなど気を遣っていることは確かです。とはいえ、心配なことは確かであり、在籍確認の電話は消費者金融利用の壁の一つとなっています。

 

なお、出張がちの人も心配はいりません。在籍確認の目的は「職場にいる」ことの確認なので「出張で留守です」という回答が得られればそれで目的を達することができるのです。在籍確認の電話で長話をするようなことはありません。

キャッシング利用者の口コミを紹介

 

キャッシングを利用するのは抵抗があったけど、月末の支払いが迫ってきてたんで仕方なく申込み。スマートフォンから申込みができるのがとても便利。かかってきた電話も丁寧だし。キャッシングのイメージはだいぶ良くなったかな。審査も早くて30分くらいで済んだような感じ。審査に必要な書類を写メで送るっていうのは新しいね。結局ずっと部屋にいて契約完了。消費者金融とか、キャッシングっていう言葉に良くないイメージがあるのかもね。と思ったら、担当の人はキャッシングじゃなくてずっとカードローンって行ってた気がする。
(江東区・30代・男性)

 

月末の支払いの為のお金が足りなくて仕方なく消費者金融でキャッシングすることに。希望の金額は5万円。これだけあれば支払いを済ませてもなんとか次の給料日までは足りる。普通に働いているので問題なく契約が完了。そしたら借入れ可能額が100万円!!!いやいや、そんなにいらない。お金に目が眩むというのはこういうことか。急に物欲が溢れて全額降ろしそうになった。そんなの全額引き出したら利息がエラい事になるし、人間がダメになる。5万円だけ有り難く借りる事にしてさっさと返済したらカードを裁断しようかな。勤続年数が長かったのが幸いしたのか、これだけの借入金額になった。そういえば在籍確認の電話連絡がなかったのも長い勤続年数が理由らしい。
(浜松市・30代・男性)